12月
13

3月のライオン (March comes in like a lion) 2巻 読みました。
17歳のプロ棋士 零(れい) と 偶然であった川本家(3姉妹&三匹の”ニャーたち”) の物語です。
3月のライオン 2巻
主人公 零(れい)は事故で家族を失なった後、棋士の内弟子として引き取られるが その家の姉弟 との確執などで自立を考え 高校に通いながらプロ棋士として 一人暮らしをしている。 その孤独な彼と 暖かい3姉妹 との交流。

でで! この2巻で大活躍なのが二階堂クンほし
零の”押しかけ親友 ライバル”
トトロ いや ボドロ のようなむっちり体型 で 3姉妹のハートをつかんだ彼。
体は弱いのですが、心は熱い。 
その彼に 特技が! 画がうまいんです。 姉妹に将棋を教えようと絵本を持ってくるのですが、実はなんんと彼の手書き煌
将棋の駒をネコに置き換えての作画、キャラ付けがすばらしい。
お金持ちのおぼっちゃまなので製本までばっちりと。 
この子が一番エエキャラや~はーと

写真下 ヤングアニマル23号 付録の特別カバーです。
真ん中にいるのが二階堂クンです。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス) 
羽海野 チカ

発売元:白泉社
発売日:2008/11/28

コメントする

Trackback URL

※この記事へのトラックバック用 URL