10月
17

先日、徳島県鳴門市(四国だよ)にある「大塚国際美術館」に行ってきました。

この美術館には陶板に転写→焼成した世界の実物大名画がなんと
1000余点展示されています。

お昼前に着いたのでまず腹ごしらえから(#^_^#)
↓ 「レストラン・ガーデン」で、ガーデンランチ ¥1000
“スパイシーチキンのロースト ジャーマンポテトとすだちを添えて”
パン or ライス サラダ デザート付き
大塚国際美術館 「レストラン・ガーデン」 ガーデンランチ
パンもお肉も柔らくて美味しかったです。

さていよいよ見学♪
古代~現代 年代別に展示されています。
まず1枚目ミケランジェロの「システィーナ礼拝堂壁画」。バチカン宮殿内に建てられた礼拝堂を再現しています。
とにかく広いです。絵をじっくり見るにはかなり時間がかかります。首も疲れる。(まだ1000分の1なのに・・)
大塚国際美術館 システィーナ礼拝堂壁画
写真はイマイチですがもっと色鮮やかです。
1フロアに約200枚・・地下3階→地下2階と見てもうお疲れモード(^^ゞ
449枚目のリュベンス(ルーベンス)の「キリスト昇架」で「フランダースの犬」のネロ状態かお
なんだか疲れて眠い・・。
そうネロが最期に見たこの絵。縦4.6メートルと迫力ありました。

この地下2階のフロアにモネの池を眺めながらのカフェがあり休憩コーヒー

そのあと500枚以上の絵を見ました~。お疲れ様m(__)m
4kmだそうです。

門外不出のピカソの「ゲルニカ」もちゃんとあります。
大塚国際美術館 ピカソ「ゲルニカ」
なかなか見られない名画がなんでもありーで、また美術誌で見るのとは違い実物大なので見ごたえありました。
本物ではないので思いっきり近づいてもOK。
教会の壁画等を環境空間ごと再現されているので臨場感も味わえます。

平日なので空いてました。大阪駅からJRバスで約3時間。

コメントする

Trackback URL

※この記事へのトラックバック用 URL